Photo 特定非営利活動法人 国際教育推進プロジェクト BeCOM
BeCOMの毎日の活動の様子をお伝えしています♪

主催 NPO法人BeCOM 後援 銚子市教育委員会
2019ことばの冒険の旅〜私のおすすめの本 発表会〜
令和2年2月16日(日)


改めまして、当日の様子などをご報告させていただきます。
長文となりますが、ぜひご一読ください。


<群読><開会>
まずは参加者全員で声を出しました。
「万葉集 梅花の歌35首の序文より」※「令和」の出典元
「きりなしうた/谷川俊太郎」
 

◎司会、計時は、
塚口玉英さん(県立匝瑳高校3年)、中西海翔さん(市立銚子高校2年)。
この事業の前に行っていた「日本語暗唱教室・大会」に小学生の頃参加していました。
司会、計時の他、設営から撤収まで、自ら作業を探し、声をかけながらとてもよく動いてくれました。


審査員、ご来賓の皆様からのご挨拶や講評では、ご自身の本、読書の
エピソードや参加者へのあたたかいお言葉をいただきました。

◎審査員
 青柳清和氏(千葉県教育庁北総教育事務所 指導主事)
 佐藤雅美氏(旭市立滝郷小学校 教頭)
 佐久間啓子氏(銚子市明神小学校 元校長)
 武内達彦(NPO法人BeCOM会員)
◎ご来賓
 石川善昭氏(銚子市教育委員会 教育長)
 伊藤昭広氏(明神小学校 校長)


<個人発表:私のおすすめの本>
小学1〜4年生による「おすすめ本」の発表です。
参加者の皆さん、いろいろな本を紹介してくれてありがとうございました!
他の子の発表も楽しんでもらえていたなら、それも嬉しいです。
多くのお客様を前にし、緊張したお子さんもいたかもしれませんが、
緊張から逃げずにがんばりました。緊張感も、達成感も味わってほしい経験です。
 

また、会場の皆さまには、発表者へのコメントをお寄せいただきました。
それぞれ持ち帰り、とても喜んでいた、と報告を受けています。
ご協力ありがとうございました。


<銚子浪漫ぷろじぇくと様による「竹取物語〜子ども向け〜」朗読劇>
日本最古の物語とされる「竹取物語」を、子どもでも分かりやすい言葉で台本を
作られたそうです。動きは最小限、声で演じる「竹取物語」。素晴らしい表現力で、
子どもたちも大人も聞きいりました。

<講評・表彰>
入賞数には限りがありますが、すべての皆さんに変わらない拍手を送りたい、
というのが、審査員の皆様、スタッフ全員の気持ちです。

 
◎ことばの冒険者特別賞
垣沼空依(双葉小2年)「オニたいじ/森絵都」
笹本陸公(海上小2年)
「ラグビーワールドカップ2019公式総集編OFFICIAL REVIEW」
嶋田圭(飯沼小1年)「せかいのくにでおめでとう/野村たかあき」
根本陽友里(高神小1年)「くまのしんぶんきしゃ/こんのひとみ」
渡邊空良(明神小4年)「シャーロットのおくりもの/E.B.ホワイト」
◎審査員特別賞
白石ゆい(双葉小4年)「さくら色の季節/蒼沼洋人」
◎皆勤賞:9月から7回開催してきた「ことばの冒険の部屋」とこの
発表会に休まず参加された皆さんです。(敬称略)
 淺野愛実・江畑息吹・川鍋杏菜・白石ゆい・杉浦史夏・山口苺姫・
 衣幡想絆・垣沼空依・永井羽虹・根本陽友里・渡辺杏



*****************************
この後、参加者の皆さんがおすすめしてくれた本を公開予定です。
そちらもぜひご覧ください。

| 日本語暗唱教室/大会 | BeCOM | 10:23 AM | comments (0) | trackback (0) |











http://be-com.jp/tb.php/416


<<次の記事 前の記事>>


▼記事検索
▼カテゴリー
高校生あしたの銚子PJ

事務局通信

COM杯 英語・日本語スピーチ大会

日本語暗唱教室/大会

すきくる×犬吠WAON

PRコンテンツ作成事業

みんなでハグしよう!プロジェクト

Meet Meal Project

過去のページ
▼新着記事
▼アーカイブ
▼プロフィール
▼コメント
▼モバイル
モバイル
▼その他